お金を借りた後の返済方法

お金を借りた後は、その返済をしていかなければなりませんが、返済方法としては、元利均等返済と元金均等返済という方式が一般的な方法となっています。
元利均等返済方式を用いて返済すると、返済額は毎回同じ金額で行うことができます。
これに対し、元金均等返済方式を用いると、元金は均等に分割されて返済されますが、利息が変化してついてくるため、返済額そのものは毎回変わっていきます。
また、元利均等返済方式は、元金と利息の合計が一定になるので、返済当初は、返済金額を見た場合、利息分の占めている割合が大きくなっているのがわかります。
一方、元金均等返済方式は、最初のうちは支払利息が多くなり、元金と利息の合計金額も多くなってしまい、実際の返済額も多くなります。
つまりは、元利均等返済方式では、返済当初は元金の減り方が遅いと感じ、元金均等返済方式では、返済当初のうちは負担が大きいと感じてしまいがちになるということです。
結局は、元利均等返済方式、元金均等返済方式どちらの場合も、時を経るうちに返済への荷重が減ってくるというようになっています。
ただ、サラリーマンのように毎月決まった給料で生活している人にとっては、毎月の返済額が決まっている元利均等返済方式が利用しやすいかもしれません。
これに対し、毎月決まった金額が収入としてない人は、元金均等返済方式でも構わないかもしれませんが、余裕のある月には一部繰上げ返済などを利用するといいかもしれません。
これを利用することで、借入残高を減らすことができ、その結果、少しずつ返済の負担を減らすことができるからです。