クレジットカード現金化を利用する場合

お金を借りるときにクレジットカードを利用するという方法があります。
もともとクレジットカードは、商品やサービスを後払いで購入する場合に使われますが、ほかにお金を借りることのできるキャッシングというサービスが備わっている場合があるのです。
一般には、キャッシング枠というふうに呼ばれています。
このキャッシング枠も利用限度額があるため、その限度額いっぱいを利用した場合は、このサービスは利用できません。
一方、商品やサービスを後払いで支払うサービスは、ショッピング枠と呼ばれています。
問題なのは、このショッピング枠を現金化できるという、使用法を誤ったサービスを行っている業者が最近多く見られるということです。
これは、ショッピング枠の現金化といった呼び方がされています。
クレジットカードの現金化というのは、換金するのを目的として商品やサービスをクレジットカードで購入し、その商品を購入した業者に改めて少し安く引き取ってもらうというものです。
業者は、クレジットカードを顧客から預かって、商品購入の決済をこれで行います。
そのとき、カードでの支払い額と顧客に払い戻したお金の差額が、業者にとっての利益となるわけです。
クレジットカードに対する支払いは翌月になるため、カード利用者はとりあえずお金を借りている状態になるわけです。
しかし、この行為については、クレジットカード会社が認めていません。
つまり、会員規約に違反する、裏で行われている行為ということです。
雑誌の広告などにクレジットカードのショッピング枠の現金化といった言葉が掲載されていることがありますが、これは悪徳業者が現金を餌にしてお金に困っている人を釣ろうとする違法行為なので、手を出さないようにしなければなりません。
もし、手を出してしまうと、クレジットカードが使用できなくなったり、会員権が剥奪されたりします。
それに、ショッピング枠を現金化しても、いずれその利用代金をクレジットカード会社に支払わなければならないのは変わりないのです。