闇金でお金を借りる場合

キャッシングでお金を借りるときには、注意すべきことがあります。
特に、借りようと申し込んだ金融業者から断られてしまった場合です。
そんなときに焦ってしまい、どこでもよいから借りてお金を用意しなければという思いから、闇金と呼ばれる業者に接触してしまうことです。
闇金業者は、出資法で決められた上限の29.2%を超える金利で貸し付けている違法業者です。
闇金業者のなかには、無登録で営業している業者だけでなく、貸金業者として登録しながら違法な営業をしている場合もあるので、うっかり利用しないように注意しなければなりません。
闇金業者の特徴は審査済み、あるいは即融資可能という、焦っている気持ちに入り込むような謳い文句で、あたかも借りやすいサービスであるように思わせて営業しています。
しかし、一度利用してしまうと、法外な利息をつけて、厳しく返済を迫ってくるケースが多いのです。
返済が滞ってしまうと、家庭や職場にも取立ての電話をしてきたりします。
闇金については、接触しないようにするのが一番ですが、もし、間違って利用してしまった場合でも、違法な貸し付けであるため、返済の義務は生じません。
それでも、厳しい取り立てによって周囲に迷惑がかかるようなこともあるので、闇金を間違って利用してしまい被害を受けた場合は、まず法律の専門家に相談してみることです。
法律家の中には、こうした闇金の問題に通じた人がいるので、調べてみて実際に会って、じっくり話を聞いてもらうようにしましょう。
それも、被害が大きくならないうち、泣き寝入りをしないで早めに対処するのが肝心です。