生活資金としてお金を借りる

お金を借りるときは、そのお金を何に使用するのか説明を求められることが少なくありません。
それは、貸す側にとっても、リスクを減らしたいという気持ちが強いからです。
目的がはっきりしていれば、無駄な使い方がされないためでもあるのです。
自動車ローンや住宅ローンは、使い方が限定されているというよりも、それにしか利用できないローンということができます。
ただ、お金を借りるときは、目的がはっきりしているときだけとは限りません。
いろんな目的をもって、自分で考えて使いたいというときもあるのです。
そこで、使用目的の限定されないフリーローンというローンが用意されています。
フリーローンが一番よく利用されるのは、生活資金として使用したいというときです。
使用目的が自由であるというより、使用目的が生活資金となっているともいえるでしょう。
フリーローンの場合、使用目的は自由とされていることから、それを自動車購入のために利用しても構いません。
もちろん、住宅資金としてもいいわけです。
フリーローンは、その最大のメリットとして、申し込みが簡単であり、しかもすぐに利用できるということがあります。
即日審査というものも採用されていて、早ければ即日融資も可能です。
ただし、メリットばかりではありません。
金利の面でほかのローンよりも不利であるということがいえます。
金利は利息に影響してくることから、計画的に利用しないと、返済に苦しむことになります。
便利なだけに、自分の収入を考えた無理のない金額で借りて、返済計画は欠かせないものと考えなければなりません。