お金を借りるときにチェックすべき約款

金融機関のカードローンを利用する際に審査に受かると、最後にはお金の貸し借りをするという契約を結ぶことになります。
この契約を結ぶということは、金融機関が提供する金融サービスごとに設けられている約款というものについて同意をしたということになります。
約款については、そのサービス内容を記したパンフレットや金融機関のサイトで提示してあるはずです。
約款の内容に細かく目を通す人は少ないようですが、この約款には、お金を借りる際に大事なことがすべて書かれているので、必ずチェックするようにしなければなりません。
その金融サービスを利用していて疑問に思ったことなどは、ほぼこの約款において説明されているはずです。
ひと通り目を通すとともに、引っかかる記載内容がないか慎重にチェックすることが重要になってきます。
特に、ポイントとなる約定返済については、約定返済日や約定返済額というものをきちんとチェックしておかなければなりません。
約定返済日が、土・日曜や祝日など休業日にあたる場合は、翌営業日が返済日となっていたり、約定返済日には約定返済額を利用口座から自動引き落しで返済に充てるといったことが記載されていることがあるのです。
また、改めてその金融サービスの内容を確認したり、取引の方法を把握しておくためにも、全体を一読しておく必要があります。
そして、契約期間や利用限度額などの記載や貸越利率や遅延損害金についての記載もあるはずなので、契約したあとに疑問に思って、あわててパンフレットやサイトを探したりすることのないよう、重要項目は一つひとつチェックしながら目を通すことが大事です。