お金を借りるときに必要な信用情報

お金を借りるときは、自分で収入に見合った金額を考えて借りることが大切になりますが、貸し出す側の金融機関のほうも、その金額については独自の方法でリスクが少なくなる金額を割り出します。
そして、借りる側の希望する金額が、金融機関が割り出した金額よりも多くなってしまえば、利用者は借り入れを断られるケースも出てきます。
というのは、貸し出す側の金融機関が貸金業者などの場合、個人向けの場合は総量規制があるからです。
総量規制である利用者の年収の3分の1以上を貸し出すと、行政処分などの罰則を受ける可能性があるのです。
この総量規制を守るために、業者では信用情報というものを参考にします。
信用情報というのは、借り入れの申込者の現在の金融機関との取引情報を客観的に判断するための情報です。
貸金業者などの金融機関では、借り入れの申し込みがあると、申込者がほかの金融機関などで借り入れをしていないか、そしてその総額が現在どれくらいあるのかなどを調べることになります。
信用情報には利用者の個人情報が記載されていて、ほかにも金融機関との契約内容、返済状況、支払い状況、利用残高などが調べられるようになっています。
この、申し込みの際に参考にする信用情報は、金融機関が自ら登録している信用情報機関に照会すれば得られることになっています。
金融機関が信用情報機関に信用情報を照会する第一の目的は、利用者が多重債務に陥らないようにしたり、金融機関自身のリスクを軽減するということがあります。
つまり、信用情報は、お金を貸す側のためにも借りる側のためにもなるものということができるのです。