お金を借りる際の担保

お金を借りるときは、通常、お金を貸す側は借りる側に対して担保の提供を求めてきます。
担保は、お金を借りる側が約束どおりにお金を返してくれないとき、債務の弁済に充てるものです。
最近では、無担保で借りることのできるカードローンなどの登場で、個人利用者のほうは担保についてはあまり注意が向いていないようですが、企業が銀行から多額の融資を受ける際などは、ほぼ間違いなく提出が求められます。
担保は物的担保と人的担保とに分かれていて、人的担保のほうは一般には保証人や連帯保証人といった呼び方がされています。
一方、物的担保のほうは土地などの不動産担保などを用いる場合が多いようです。
カードローンを利用する条件として、無担保・保証人なしとあるのは、物的担保も人的担保の提出も求めないということです。
保証人というのは、ローンを利用してお金を借りた人が、もし借りたお金が返せなくなったとき、本人に代わって返さなければならない人のことです。
保証人のうち、連帯保証人に関しては、お金を借りた側が経営する企業がつぶれた場合なども、お金を貸した側に対して弁済する義務が残ります。
そのため、連帯保証人を引き受ける際は慎重に意思決定する必要が出てきます。
また、お金を貸す側も、借りる側に担保の提出を約束させることできたとしても、貸したお金が全額必ず戻ってくるという保証はありません。
たとえば、土地が不動産担保として提出されたとしても、その土地の価格が下落してしまっては、不動産を処分しても貸したお金に満たなくなってしまうのです。
要するに、お金を貸す側としてもリスクが生じるのを覚悟のうえで融資しているということです。
貸した側にとっては、約束どおり返済の期日を守って返済してもらうのが一番なわけで、信用というものがいかに大事かということになるわけです。